電池寿命約16年! 長く愛せる〈カルティエ〉の1本とは?

1847年、パリにアトリエを創設したところからカルティエの歴史は始まりました。1904年、友人の飛行家サントス・デュモンのために三代目ルイ・カルティエが腕時計を製作しました。こちらが後の「サントス・ウォッチ」となり世界初の腕時計の誕生となったのです。戦車のキャタピラからヒントを得た「タンク」、防水時計「パシャ」等名作を多数リリース。常に画期的でハイクオリティな作品を製作し続けてきたカルティエ。

〈カルティエ〉史上初のソーラーウォッチ。ストラップには、スイス、ドイツ、イタリアで栽培されたリンゴの廃棄物など、非動物性素材を使用。ケースサイズ33.7×25.5㎜、クォーツ、SSケース、動物由来不使用のストラップ。

1917年の誕生以来、いつの時代も“タンク”はエレガンスと先進性を象徴してきた。1970年代に登場した“レ マスト ドゥ カルティエ”もそのひとつ。そしてこの“タンク マスト”では現代の最新技術を注ぎ、次世代に向けて進化を遂げた。新採用した“ソーラービート”ムーブメントは、文字盤での受光を電気エネルギーに変えて駆動し、電池寿命も約16年を誇る。消費されることのない優美なデザインに、ソフトパワーによる生命力が息づく。それもまた時代を超越した傑作にふさわしい。

どこにブランドコピー品を買いますか?→https://003brands.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。