2022年最新版。ロレックスの全モデルを年齢順に総まとめ!

男の品格を左右する重要な小物、それは腕時計。どのブランドのどんなデザインの腕時計を身につけるかで、その人の世界観や美意識、生き様が垣間見えてきます。

このロレックスのモデル名わかる?誕生年順に写真で総チェック!

ロレックス コピー 

一方女性は、男性の腕時計をどう捉えているか。内心、どのような腕時計を身につけて欲しいと考えているのか?「ロック福田の腕時計魂!」、「腕時計羅針盤」など腕時計コンテンツが大充実のFORZA STYLEが、大人の男の時計選びをアドバイスしていきます。

王道中の王道ROLEX。日本一、いや世界一知名度が高いロレックスですが、みなさんはロレックスのこと、ちゃんとご存知ですか?

なんとなくカッコイイから、資産価値が高いからと言って選ぶのはもったいない。なぜなら大人の男性にとっては身に着ける腕時計はご自身のステイタスとも直結します。

さてさて、前回の記事で誕生年順に1963年に誕生した「コスモグラフ デイトナ」までのモデルをおさらいしてきましたが、後編ではどんなモデルが登場するのでしょうか。

ではさっそくいきましょう!

【1967年~2012年】ロレックスのモデル名を誕生順に総おさらい
1967年:シードゥエラー

1971年:エクスプローラー2

1972年:オイスタークォーツ

1982年:GMTマスター2

1992年:ヨットマスター

1992年:パールマスター

2004年:ターノグラフ

2007年:ヨットマスター2

2008年:ディープシー

2012年:スカイドゥエラー

 

以上、前編・後編にわけてずらっとご覧いただきましたが、いかがでしたでしょうか。

意外とこんなモデルがあったなんて知らなかったという方もいらっしゃるかもしれません。

ロレックスは変わらぬ完成度の高いデザインと飽きのこないシンプルさで支持されています。ですので、皆さんの投稿して下さったお写真をこうして並べていくと、初代モデルでなくてもそのモデルの雰囲気がわかりますね。

そして新しいモデルが発表される度にどこがアップデートされたかを検証するのはロレックスファンの楽しみですね。

人気が高いプロフェッショナルモデルのほとんどは1950~60年代に誕生したものばかりで、実のところ60年以上も長きにわたって販売が続けられている超ロングセラーです。

しかも、その歴史の長さもさることながら、その基本デザインはほとんど変わっていないというのにはやはり驚きですよね。これからもロレックスの人気沸騰はまだまだ続くことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。