ヴィンテージ感漂う22年新作腕時計「5326G-001」

パテック フィリップの「5326G-001」は、ヴィンテージの雰囲気漂うビジュアルが特徴の新作ウォッチだ。

アンティークカメラ風の質感&カラーの文字盤

パテック フィリップ コピー

文字盤は、アンティークなカメラの外装を彷彿とさせるデザインだ。表面は、カメラの外装に見られるざらつきのある質感を再現しつつ、外周に向かって色が濃くなるブラック・グラデーションをあしらっている。バンドは、文字盤のヴィンテージ感をより引き立てるレザーストラップをセレクト。ヌバック仕上げベージュ・カーフスキンと、ベージュのステッチを施したエンボス加工ファブリック柄のブラック・カーフスキンの2種類を付属する。

小さなピラミッド装飾をサイドに施した41mmケース
ケースは、エレガントなホワイトゴールド製。小さなピラミッドが連なるパテック フィリップの「クルー・ド・パリ」のモチーフが、ケース側面にぐるりと一周施されている。直径41mmのサイズを誇るケースは、「5326G-001」に搭載されるムーブメントのために一新されたものだ。

https://fukuoka.mypl.net/chuo-hakata/space/000000408605
「5326G-001」に採用されたキャリバー 31-260 PS QA LU FUS 24Hは、第2タイムゾーンを表示する「トラベルタイム」と、曜日・日付・月を表示する「年次カレンダー」の、2つの複雑機構を統合した、新しい自動巻ムーブメントだ。注射器の様なホワイトゴールドの夜光付シリンジ型時・分針が、現地時刻を表示。また空洞となっているシリンジ型指針が、出発地時刻を表示する。8時位置の“LOCAL”、4時位置の“HOME”の2つのポイントは、それぞれ現地時刻と出発地時刻の昼夜を示している。さらに、12時位置には曜日と月表示を配し、6時位置には日付表示と共に、ムーンフェイズとスモールセコンドを備えている。

機構再設計によりリューズで時刻設定が可能に
「5326G-001」は、アクアノート・ルーチェ・トラベルタイム「5269」同様、3段階に引き出せるリューズによって現地時刻や出発地時刻を調整できる。そのため、従来のモデルに搭載されていたプッシュボタンは排除されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。