ティソ「T-タッチ コネクト ソーラー」に新モデルとアウトドアで役立つ新機能が登場

ソーラー充電による高い自律性とスマートフォン連動を特徴とするティソ「T-タッチ コネクト ソーラー」が新たにNBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)と世界的サイクルロードレースのリアルタイム情報通知、またハイキングで役立つ「出発地点に戻る」といったナビゲーションの新機能を利用可能にした。

T-タッチ コネクト ソーラー

アクティビティトラッカーもアップグレードされた。T-タッチは継続的に機能拡張やアップデートが行われ、着用者とともに進化し続けるという魅力がある。

イノベーションを続けるティソの原動力
ティソは、およそ170年にわたってイノベーションを続け、ブランドスローガンを「Innovators by Tradition」(伝統に根ざし、伝統を打ち破るイノベーター)に掲げてきた。

何世代にもわたり、新しい技術への投資を続け、「ティソT-タッチ コネクト ソーラー」は画期的な低消費電力型のオペレーティングシステム、Sw-ALPS(スワルプス)の搭載によって、ソーラー充電式かつ最長6ヶ月という驚異的な連続駆動を実現している。ダイアルそのものがひとつの太陽電池で構成され、光に照らされている限り充電を続けることができる。

T-タッチ コネクト ソーラー

ティソT-タッチ コネクト ソーラーは、これまでに発売されたT-タッチをベースにしつつ、着用する人の情熱にそれぞれ近づける機能を搭載している。今回の機能拡張ではNBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)と、世界的な自転車レースであるツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャを含む、世界の主要レースのブランドコピー情報をリアルタイムで受け取れるようになった。

https://kotobank.jp

アクティブなユーザーにとって便利な機能も追加
もうひとつの新機能である「出発地点に戻る」は、ハイカー、登山家、トレイルサイクリストといったアクティブなユーザーの役に立つナビゲーション機能だ。エマージェンシーGPSを使用して出発地点から現在地までの距離と方向を特定するものである。スマートフォンが圏外でも作動し、これまでの経路をトラックし、引き返すための道を案内してくれる。

T-タッチ コネクト ソーラー

また、アクティビティトラッカーではハイキングの経路をログに残すことができるようになったので、ハイカーの楽しみも深まることだろう。すでに搭載されている天気予報、高度計、コンパス、アラーム、タイマーを含む日常向け機能はそのまま継続されている。ディスプレイにメッセージ、メール、リマインダー、SNSの更新や電話着信を表示できるようにする設定は、専用アプリから行う。

 

グリーンとブルーを基調とした新作が登場
T-タッチ コネクト ソーラー

ティソ「ティソ T-タッチ コネクト ソーラー」
光発電デジタルクォーツ(Cal.18,5‴)。Tiケース(直径47.50mm、厚さ15.30mm)。10気圧防水。13万4200円(税込み)。
ストラップはファブリックとラバーを組み合わせたバイマテリアル素材で、再設計によってさらなる快適な着け心地と安心感を提供している。ベゼルとケースは2022年2月に登場したモデルと同様、セラミックベゼルと低アレルギー性のチタニウムケースが採用されている。

直径47.5mmのケースに高い視認性のディスプレイを備えながらも、軽量(98g)で堅牢という特徴はそのまま、時分針とウインドローズにスーパールミノバⓇ加工が施されており、暗い場所でもダイアルを読み取ることが可能だ。

 

地球の資源を浪費することなくよりアクティブなライフスタイルへ
ティソ T-タッチ コネクト ソーラーは、設計過程全体にわたって地球環境への配慮がなされた商品だ。太陽の力を使い、フル充電状態で最長6ヶ月間駆動するため、地球の資源を浪費することがない。また、アクティビティを記録するアプリと連携することで、よりアクティブなライフスタイルへ導いてくれる。地球のため、ユーザーのために、より良い暮らしや行動を促す時計なのだ。

T-タッチ コネクト ソーラー

コネクテッドデバイスでありながら、スマートフォンと接続していない状態では単純に美しいデザインと設計が施された“ウォッチ”として着用することができるのも魅力だ。日々を満喫し、新しい機能とともに進化し続けたいと願う人のためのウォッチと言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。