海沿いでのアクティブなライフスタイルを! フランク ミュラーから潜水服のコンセプトを投影した新作「スカファンダー」が登場

スイス高級機械式腕時計ブランド<フランク ミュラー>より、高い視認性、機動性、気密性に対応し、アクティブなライフスタイルをともに楽しむ「スカファンダー」が登場します。

モデル名となった“スカファンダー”は、1931年に世界で初めて開発された宇宙服「スカファンドル」に由来します。スカファンドルの原型は、無骨な潜水服を参考にしていることから、機能美が宿る頑強な重装備となっています。このような潜水服のコンセプトを投影した「スカファンダー」は、海沿いでエネルギッシュに楽しむライフスタイルの中で活用できるよう考えられています。

フランク ミュラー ウォッチランドが持つケース製造のノウハウをFRANCK MULLERスーパーコピー激安最大限に生かし製造されたトノウ型ケースは、「スカファンダー」で初めて採用されました。曲線を描くベゼルにマイナスビスとアワーマーカーが配され、エレガントななかにスポーティさを際立たせています。

文字盤上にはインナー回転ベゼルを搭載し、ケース左側にあるプッシュボタンを押すことで、リング状のダイアルを駆動させ、三角マーカーを分針の先端に合わせることで時間の経過を計るための開始場所を指定できます。またこのプッシュボタンには、誤作動防止機能が備わっており意図しない操作がされないように配慮がされています。

 

http://supajhrt.tou3.com/

1960年代の名作を現代的に昇華した、ブライトリング「スーパーオーシャン」の新コレクションが登場

ブライトリングは、ダイバーズウォッチ「スーパーオーシャン」の新作を発表した。サイズ、素材、カラーで多彩なバリエーションが取りそろえられ、プロサーファーであるケリー·スレーターとの共同デザインモデルも数量限定でラインナップする。デザインベースは、1960年代の「スーパーオーシャン スローモーション」だ。

 

 

多様なバリエーションで展開された、新しい「スーパーオーシャン」。ヘリテージピースから着想を得たデザインでありながら、セラミック製インサートを備えたベゼルや、すっきりとしたケースによって、モダンな印象に纏め上げられている。

 

 

現代的なデザインと鮮やかなカラーリングが魅力の新しい「スーパーオーシャン」

ブライトリングは、フランス南西部に位置する高級リゾート地、ビアリッツで開催されたサーフィンとバイクのフェスティバル、Wheels & Wavesにて、ダイバーズウォッチ「スーパーオーシャン」の新作を発表した。新しいスーパーオーシャンは、ケースサイズ、ケース素材、カラーリングの豊富なバリエーションによって注目を集めたが、往年のファンにとって最も喜ばしかったことは、初期モデルの「スーパーオーシャン スローモーション」にオマージュを捧げたデザインであることだろう。

 

スーパーオーシャン スローモーション

デザインのベースとなった、「スーパーオーシャン スローモーション」。センターには、大きなポインターの付いた60分積算計が備えられている。そのデザインは、現行モデルの分針に受け継がれている。判読性を高めるため、外周のミニッツスケールは、ブライトリングスーパーコピー激安白地にブラックのプリントとなっている。

“スローモーション”は、初期のスーパーオーシャンに搭載された、センター同軸の60分クロノグラフに由来するものである。スキューバダイビングが流行しだした1960年代に開発されたこのモデルは、ダイバーにとってさして重要でない秒針を廃しており、代わりに経過時間を計測するための分単位のクロノグラフを与えられていた。60分かけてゆっくりとダイアルを1周する様子を“スローモーション”と呼んだのである。

 

スーパーオーシャン オートマチック

 

ブライトリング「スーパーオーシャン オートマチック 46」

ラインナップ中、最大のサイズである46mmケースモデル。46mmモデルのみ、ベゼルは両方向に回転し、ロック機構によって固定することができる。自動巻き(Cal.Breitling 17)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径46mm、厚さ13.22mm)。300m防水。ラバーストラップ:59万4000円(税込み)。ステンレススティールブレスレット:61万6000円(税込み)。今秋発売予定。

今回発表された新作にはクロノグラフは搭載されておらず、一般的な3針時計と同様にセンターセコンドが備わっている。これによって、レジャーからビジネスまで、さまざまな場面で秒単位での正確な時刻を知ることが可能となったことに加え、プッシュボタンのないすっきりとしたデザインとなっている。

 

スーパーオーシャン オートマチック

 

ブライトリング「スーパーオーシャン オートマチック 44」

ダイアルカラーは、ブラック、ブルー、ターコイズ、グリーンが用意されている。自動巻き(Cal.Breitling 17)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径44mm、厚さ12.62mm)。300m防水。ラバーストラップ:58万3000円(税込み)。ステンレススティールブレスレット:60万5000円(税込み)。

オリジナルモデルのクロノグラフ分針の先端に付いていた特徴的なポインターは、新作における分針にその名残りを確認することができる。もちろん、ダイバースウォッチに必須の経過時間を図る機能は、アウターベゼルに備えられている。ケース径44、42、36mmのモデルは逆回転防止機構を持つが、46mmケースのモデルは、特許取得のロック付き両方向回転式となっている。

https://community.umidigi.com/home.php?mod=space&uid=820993

 

スーパーオーシャン オートマチック

ブライトリング「スーパーオーシャン オートマチック 44」

「スーパーオーシャン オートマチック 44」のブロンズケースモデル。ブラウンダイアルを採用し、同色のラバーストラップが装着されている。今回発表されたブロンズケースモデルは、耐腐食性に優れた特殊合金を用いながらも、経年による風合いの変化を楽しむことができる。自動巻き(Cal.Breitling 17)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。ブロンズ(直径44mm、厚さ12.62mm)。300m防水。69万3000円(税込み)。今秋発売予定。

搭載するムーブメントは、キャリバーBreitling 17。汎用ムーブメントをベースとして、C.O.S.C.公認クロノメーターを取得するための調整が加えられた高精度仕様だ。パワーリザーブが約38時間である点は少し物足りないかもしれないが、どんなシーンでも使いやすいデイリーウォッチである今作の場合、実績のあるムーブメントをベースとした信頼性によるメリットの方が大きいだろう。買い求めやすい価格となっていることも歓迎だ。

 

 

 

ブライトリング「スーパーオーシャン オートマチック 42」

取り回しやすいサイズ感は、オンオフ問わず活躍することだろう。ダイアルカラーは、ブラック、ブルー、シルバーが用意されている。自動巻き(Cal.Breitling 17)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径42mm、厚さ12.56mm)。300m防水。ラバーストラップ:57万2000円(税込み)。ステンレススティールブレスレット:59万4000円(税込み)。

バリエーションは、ケースサイズで4種類(46、44、42、36mm)、そのうち44mmと42mmケースのモデルにはブロンズケースが、42mmにはさらに18Kレッドゴールドとステンレススティールのコンビケースも用意されている。加えて、アメリカのプロフェッショナルサーファーであるケリー·スレーターと共同デザインした、1000本限定の特別モデルもラインナップする。

 

スーパーオーシャン オートマチック

ブライトリング「スーパーオーシャン オートマチック 42」

「スーパーオーシャン オートマチック 42」のブロンズケースモデル。グリーンダイアルに、同色のラバーストラップが組み合わされている。44mmのブロンズケースモデル同様、経年変化を楽しむことができる。自動巻き(Cal.Breitling 17)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。ブロンズ(直径42mm、厚さ12.56mm)。300m防水。

自分へのご褒美にも! 「LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のアイテム」おすすめ6選!

フランスの人気ラグジュアリーブランド「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」。スーツケース職人が立ち上げたブランドで、旅行用トランクやバッグが有名ですが、現在はアクセサリーやアパレルなどさまざまなアイテムを展開しています。高い職人技術を用いて作られる高品質なアイテムをぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

本記事では「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のアイテム」のおすすめ商品を紹介していきます。

●LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)ハンドバッグ M57680
「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)ハンドバッグ M57680」は、ハンドバッグとしてもショルダーバッグとしても使えるシンプルなバッグ。フロントにあしらわれたロゴや持ち手もブラックカラーで統一されているので、シックでクールな印象。どんなコーディネートにも合わせやすく、幅広いシーンで活躍します。

 

●LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)トートバッグ ユニセックス
「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)トートバッグ ユニセックス」は、ルイ・ヴィトン財団美術館のロゴの入ったトートバッグ。使い勝手の良いシンプルなデザインなので、サブバッグにもおすすめ。ちょっとしたお出掛けや買い物にも便利なアイテムです。 「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)メンズショルダーバッグ タイガ アウトドア・メッセンジャー PM M33435」は、しなやかなタイガ・レザーがモダンな印象のメンズ向けのショルダーバッグ。ルイ・ヴィトンらしいシンプルで高級感のあるデザインは、メッセンジャーバッグながら上品な印象。ビジネスシーンなどにも合わせやすいアイテムです。は、エンボス加工を施したモノグラム・シャドウ レザーを使用したコンパクトサイズのショルダーバッグ。マットな質感のブラックカラーで全体を統一した、エレガントな印象のアイテムです。ファスナー開閉式の間口や、必需品をさっと取り出せるフロントポケットなど、利便性もばっちり。

●LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトンrasupakopi.com/vuitton_z9.html) リュックサック バックパック モンスリ PM モノグラム・アンプラント M45410 レディース
「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) リュックサック バックパック モンスリ PM モノグラム・アンプラント M45410 レディース」は、エンボス加工を施したモノグラム・アンプラントレザーを使ったリュック。ヴィンテージ感漂うゴールドカラーのバックルとさりげない遊び心を湛えたLVチャームがアクセントになっています。カジュアルになりすぎないデザインで、きれいめファッションに合わせやすいのもうれしいですね。

「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) ハンドバッグ M40862 レディース ブラック」は、高級感たっぷりのブラックカラーのルイヴィトンコピーハンドバッグ。ショルダーバッグとしても使えるので、コーディネートやシーンに合わせて使い分けられて便利です。シンプルですが、丸みのあるフォルムがやわらかく女性らしい印象を加えています。年代を問わず長く使えるアイテムです。

実用性も◎。エルメスのマルジェラ期名作ネックレス【Tイチが映える大人の必需品】

「Tイチ」が映える大人は、髪型と小物への気配りのレベルが違ってた! さりげなくも細部まで計算されたバランスに注目。

【Cale デザイナー 佐藤佑樹さん】服のデザイナーでありながら、東麻布のカル ギャラリーのキュレーターとしての顔も。
アートが好きで日常的にギャラリーを訪れます。馬喰町にあるPARCELもその一つ。アートを扱う仕事もしているのでコーディネートは控えめ。常に印象が変わらないように意識しています。ヘアスタイルは美容室へ2週に一度足を運び、毎回同じオーダーで整えて。時計やアクセサリーも削ぎ落とされた美しさやミニマリズムを感じるデザインが、カルのTシャツに心地よくフィットする。シンプルで上質な服や小物を身につけていたいんです。

マルジェラ期のエルメスコピーで名作といわれるレザークロシェット。「上品なネックレスとして使えますが、キーリングに倉庫の鍵をつけていて、実用性も兼ね備えています(笑)」。

 

https://gekiyasucopy.at.webry.info/

バックパック、トート…。「コーチ」のデニムコレクションがいい感じ

「COACH(コーチ)」から新作 “デニム” コレクションが発売された。味わい深い表情をたたえたバッグは、どれもオールジェンダーで展開されている。

品格漂うレザー素材や機能美あふれるナイロン素材のバッグもいいが、オフの日はもっとラフな素材のバッグでリラックス感を演出したいもの。そこで最適な素材なのが、デニムだ。カジュアルスタイルの象徴とも言えるジーンズに使われているデニムであれば、夏の着こなしにさりげなくリラックス感と爽やかさを加えてくれるはずだ。コーチが展開するデニムコレクションのバッグなら、さらに大人っぽさまでプラスしてくれる。

今回のデニムコレクションには、デニムの風合いを存分に生かした様々なタイプのバッグがラインナップされている。素材は濃淡のあるオーガニックコットンにアイコニックなシグネチャーパターンが映える”ウォッシュド デニム シグネチャー”と、深海のようなインディゴブルーの日本限定 “ソリッド デニム”の2種類を展開。”ウォッシュド デニム シグネチャー”では、ウィークデイから休日や旅行まで使える「チャーター バックパック」や「フィールド トート」をはじめ、ミニバッグや財布まで幅広いアイテムが揃う。

インディゴブルーのデニムを採用した日本限定の“ソリッド デニム”では、オンにもオフにも重宝するシーンを選ばないバッグをラインナップ。ネイビーのペブルレザーを用いて高級感を演出した人気の「Hadley(ハドリー)」、ターンロックがアイコニックな「Willow(ウィロウ)」バケットとトート、スマホやカードケースを装備した財布バッグの「Noa(ノア)」など、デザイン性にも使い勝手にも優れたアイテムが用意されている。
どれもオールジェンダーなデザインとなっているので、パートナーとシェアするのにも最適だ。

IWC パイロットウォッチの名作「マーク18」を買うなら知っておかなくてはならないこと

HOME > 腕時計総合情報メディア GINZA RASINブログ > IWCのブログ記事一覧 > IWC パイロットウォッチの名作「マーク18」を買うなら知っておかなくてはならないこと

パイロットウォッチの黎明を担った通称マークIX(9)から端を発するこのシリーズは、まさにIWCを象徴するような存在と言って良いでしょう。

視認性や耐磁性、信頼性といったパイロットウォッチに必要な機能を備えつつ、IWCらしい高い作り込みによって、高級パイロットウォッチとして昇華された逸品です。

 

このマークシリーズは、2016年に誕生したマーク18が最新型となります。

IWCファンが増え続ける現在、当店GINZA RASINでも売れ筋商品の一つとなっており、絶対に在庫を切らせないのがマーク18です。

この記事では、そんなマーク18について徹底解説いたします。

IWCが手掛ける名作パイロットウォッチ「マークシリーズ」とは?
マーク18を知るには、マークシリーズの歴史から触れなくてはなりません。そしてマークシリーズの歴史に触れることは、IWCのパイロットウォッチ史を振り返ることにも繋がります。IWCが優れたパイロットウォッチの作り手として、いかに深い歴史を有してきたかが、マークシリーズを紐解くと見えてきます。

 

1903年、ライト兄弟が有人飛行に成功して以来、航空産業は大きな発展を遂げました。

郵便輸送や旅客機として航空機は重宝されていきますが、大きく進化を果たしたのは第一次・第二次世界大戦です。とりわけ第二次世界大戦下では高速化・高機能化を中心に飛躍的な進化を遂げており、戦闘機は実戦に欠かせない最新兵器となっていきました。

余談ですが、腕時計が一般市場に急速に普及したのは第一次世界大戦がきっかけと言われています。この大戦は人類史上初の総力戦となり、多くの国民が多数徴兵されたこと。また戦車や戦闘機といった最新兵器が投入されたことなどから、共通時刻の必要性がいや増したためです。

 

戦闘機にしろ旅客機にしろ輸送機にしろ、パイロットらにとって、正確で信頼のおける時計はきわめて重要なツールでした。

ただし、1930年代頃までは腕時計ではなく、コックピットにクロックを置いたり、ポケットウォッチを他の計器と並べたりすることなどが多かったようです。しかしながら、この使い方だと時計が落ちてしまったり位置がずれてしまったりして、やや不便ですよね。

そこで各時計メーカーは軍用・民生用ともに、パイロットウォッチを製造することとなりました。

 

そんな中でIWCは、1936年にリリースした通称マークIX(9)にパイロットウォッチ製造の端を発します。

IWC スペシャルパイロットウォッチ

出典:https://www.iwc.com/jp/ja/company/history.html

なお、「マーク9」は後年に使われた通称で、本来はスペシャル・パイロット・ウォッチといった名前であったようです。IWCのパイロットウォッチは英国空軍から制式採用されてきたことで有名ですが、当時はまだ軍用ではなく、民間航空会社に向けて製造されました。

このスペシャル・パイロット・ウォッチ、既に耐磁性脱進機を備えていたことが大きな特徴です。また気圧の変化を想定した飛散防止ガラスの風防、-40度~+40度での使用を想定した温度特性などといった当時のコックピット事情を加味した造りになっており、当時からIWCが優れた実用時計の作り手であったことを垣間見せるレガシーですね。

 

このマーク9の後継機としてマーク10(名称はW.W.W、Watch、Wrist、Water proofの頭文字)が発表され、続いて現在に続くマークシリーズの完成系と名高いマーク11が1948年についにIWC史に登場します。

マーク11より正式にこの名が用いられており、また英国空軍の飛行監視要員向けの腕時計として制式採用され、以降30年以上に渡って英国空軍で重宝されることとなりました。ちなみに「マーク」とは英国空軍が自軍の機器に用いていたナンバリングと言われています。

マーク11は、デザイン的にも機能的にも、純然たるパイロットウォッチであり、現行マークシリーズはもちろん現行IWC パイロットウォッチの原型となります。名機Cal.89を搭載しており、シリーズ初のセンターセコンド式が採用されました。

※Cal.89・・・今なおアンティーク市場で確かな存在感を放つ手巻きムーブメントの傑作。マーク11がリリースされる前夜の1946年、アルバート・ペラトン氏の設計によって生み出された。高精度でありながらも耐摩耗性に優れ、巻き上げ効率の高さもさすがペラトン。

 

またパイロットウォッチの必要条件である優れた視認性を保つために、12時位置のインデックスには三角マークを、そして見やすいアラビア数字を配した文字盤が象徴的ですね。

さらに、初めて軟鉄製インナーケースを採用したモデルとしてもマーク11は知られています。スペシャル・パイロット・ウォッチでもご紹介いたしましたが、高い磁場にさらされることも少なくないコックピット内を考慮し、パイロットウォッチに耐磁性能をしっかりと備えたことに、IWCの実力と職人魂を感じさせますね。

なお、急激な気圧の変化の中にあっても堅牢性を維持するよう2ピース構造も、マーク11の特徴であり初代から続くIWCのパイロットウォッチの高性能の象徴となります。

このように、1940年代という早い段階から完成されたパイロットウォッチとして名を馳せていたマーク11。ごく少量ですが、市販もされていたようです。

 

その後、1994年にマーク11を復刻したマークXII(12)を民生市場に向けてリリースします。ちなみに同年、パイロット・クロノグラフもリリースされています。90年代は長い不振の時期からスイス時計業界が返り咲いていた時代であり、IWCでも様々なコレクションが追加されるに至ったのでしょう。

パイロットウォッチ マーク12

このマーク12もまた、マーク11の系譜を引く非常に優れたパイロットウォッチでした。

マーク12はマーク11と同様に耐磁性能や耐圧性能を有しつつも、ジャガールクルト製Cal.889をベースとして改良した自動巻きCal.884/2を搭載していることがミソ。この玄人好みの高級ムーブメントだからこそ、マーク12を追い求めているというファンは少なくありません。

ケース直径36mm、そしてジャガールクルトらしい薄型ムーブメント搭載という上品なサイズ感ながら6気圧防水を堅持しており、今なお中古市場では絶大なる存在感を放ちます。

※ちなみにIWCの耐磁コレクションとして有名なインジュニアと同レベルにあたる78,000A/mの耐磁性能をマーク12ではクリアしていたようです。JIS規格で定められる強化耐磁時計の基準は16,000A/mですので、いかに高度な性能を有していたかがおわかり頂けるでしょう。ただしマーク15以降は約24,000A/mと言われています(IWCから公表はされていません)

 

その後、1999年にマーク15が登場(13と14はありません)。

ムーブメントにETA製Cal.2892A2をベースとした自動巻きCal.37524(現Cal.30110)を載せることで実用性が向上し、またケース直径も38mmへとアップサイジングされました。

グッチ×オーラのスマートリング誕生、心拍数・睡眠を管理&インターロッキングGモチーフ入り

個人の健康データを管理するスマートリング

個人の健康データを測定・分析するスマートリング「オーラリング(Oura Ring)」を開発したオーラと、グッチがコラボレーションを実現。誕生したハイセンスなスマートリング「グッチ×オーラ リング(Gucci×Oura Ring)」は、身に着ける人の心拍数・体温・睡眠をモニタリングして、ストレスや病気などの影響による変化を察知する高性能な仕上がりとなっている。その高度なテクノロジーを叶えたのは、スマートリングに内蔵された高精度センサーだ。指の動脈から心拍数を測定するため、手組に装着するウェアラブル デバイスよりもより明瞭にシグナルを検知。オーラが提供するアプリと連動することで、個人の健康データを瞬時に確認することも可能だ。

https://fukuoka.mypl.net/chuo-hakata/space/000000408605/

個性を引き立てる、ラグジュアリーなデザイン
グッチ×オーラのスマートリング誕生、心拍数・睡眠を管理&インターロッキングGモチーフ入り|写真4
そしてドレススタイルにもマッチする、ラグジュアリーなデザインもグッチならでは。プレイドディテールが取り巻くバンドリングに、グッチを象徴するイエローゴールドのインターロッキングGをあしらった、シンプルながらも個性的なデザインに仕上げている。

グッチ×オーラのスマートリング誕生、心拍数・睡眠を管理&インターロッキングGモチーフ入り|写真12
なお「グッチ×オーラ リング」の重量はわずか4g。材質は、高い強度と軽量性を兼ね揃えたブラック シンセティック コランダム製となっている。

カルティエの時計の種類を知ろう。主力3シリーズと人気モデル紹介

メンズ向けの時計といえば、ロレックスやオメガのような高級時計が思い浮かぶだろう。しかし、カルティエの時計も、違いが出せるメンズウォッチとして高い人気を集めている。カルティエの時計の種類や人気コレクションなどを紹介する。

カルティエを知ろう
高級宝飾メゾンドとして名を馳せるカルティエは、時計づくりにおいても名高いブランドだ。カルティエの時計が持つ魅力について解説する。

宝石と時計 どちらも名門
カルティエといえば、宝石のイメージを強く持つ人が多いのではないだろうか。1847年にパリで創業した当初から、すでにフランス国内では王族御用達のジュエリーブランドとして名を馳せており、現在は世界5大ジュエラーのひとつとして数えられている。

しかし、カルティエは時計ブランドとしても超一流である。「タンク」や「サントス」といった数々の名作を生み出しており、時計史にその名を刻む名門メゾンだ。

カルティエは、世界で初めて実用的男性用腕時計を制作したとも言われている。ロレックスなどのような高級腕時計の王道を歩むのではなく、芸術作品を製作するような時計開発を目指しているだと言えるだろう。

先駆的なデザインが魅力
大規模時計メーカーの多くは、市場や消費者のニーズを優先し、ターゲットに合わせて商品を製作している。

一方、カルティエは常に新しいものを生み出す独創的な姿勢を貫き、カルティエらしさを前面に押し出すスタンスで時計を作っていることが特徴だ。

カルティエが世に放つ時計は、発表する段階において類を見ない先駆的なデザインであることが多く、消費者に媚を売る姿勢は微塵も感じられない。

「タンク」「サントス」「パシャ」のような代表作も、前衛的なデザインで人々を魅了し、多くのファンを生み出している。

 

メンズの人気コレクション
カルティエの代表的なコレクションから、男性向けの人気モデルを紹介する。いずれもユニークなモデル名であることが特徴的だ。

戦車のキャタピラーが由来 タンク
初代 タンク
戦車のキャタピラーをモチーフに1917年に誕生した「タンク」は、カルティエを代表するロングセラーコレクションだ。

創業一族のルイ・カルティエが、「タンク」のデザインを上から見た戦車の形に似せ、縦枠をキャタピラーに、ケースを操縦室に見立てたと言われている。

一般的な腕時計に見られる丸型ではなく、角ばったスクエアフォルムであることが特徴だ。発表当時は女性向けとして地位を確立したが、現在は男性からも多くの人気を集めている。

2017年に100周年を迎えた「タンク」は、その間にさまざまな様式を取り入れた派生モデルを生み出している。

世界初の腕時計 サントス
サントス ドゥ カルティエ
前述したように、OMEGAスーパーコピーは世界で初めて実用的男性用腕時計を作ったと言われている。その腕時計が、1904年に誕生した「サントス」だ。

当時はまだ実用品としての腕時計がなく、飛行家のアルベルト・サントス=デュモンがルイ・カルティエに依頼して制作された。

ブレスレットやケースに打たれたビスは、飛行機のパーツをつなぐネジをモチーフとしており、スクエアケースとともに同モデルの大きな特徴となっている。

誕生から100年以上経った現在においても、現行ラインのデザインを継承しながらアップデートを重ねている。

マラケシュの太守が依頼 パシャ
パシャ ドゥ カルティエ
1985年製のパシャ ドゥ カルティエ。
「パシャ」というモデル名は、モロッコの都市であるマラケシュの太守(パシャ)が、自宅のプールで泳いでいる間も着けられる時計を、カルティエに依頼したことに由来する。そのため、リュウズに防水用のカバーが搭載されたデザインとなった。

この時に作られた時計が「パシャ ドゥ カルティエ」の原型となり、1985年に「強さに惹かれる男性に向けて」というコンセプトのもとに正式に登場した。その後、サイズやデザインにバリエーションを加えた派生モデルが数多く展開された。

そして2020年、新作をラインナップ。搭載ムーブメントは自社製のCal.1847MCに、ブレスレットは交換が容易なクイックスイッチ仕様となった。

おすすめモデル
数あるカルティエのラインナップから、人気のおすすめモデルをピックアップして紹介する。カルティエをスタイリッシュに装着したい男性におすすめだ。

タンク ソロ

Vincent Wulveryck © Cartier
「タンク」のデザインを踏襲しながらモダナイズ。表面・側面をフラットに仕上げたことで、スポーティな印象が加味された。「タンク ソロ」の中でも最もベーシックなSSケース×レザーストラップのタイプは30万円台と、こなれた価格なのもうれしい。
カルティエ「タンク ソロ」自動巻き(Cal.049MC)。23石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約40時間。SS(縦40.85×横31mm、厚さ7.65mm)。日常生活防水。36万円(税別)。
アールデコ調の幾何学的なデザインが特徴の「タンク」。ケースからラグまでを一体化させた直線的なケース、さらにベゼルを省いたことが画期的であった。

多様な派生モデルがあるのも特徴で、「タンク ルイ カルティエ」は丸みを帯びたクラシカルな佇まい。一方、「タンク ソロ」はケース表面をフラットに仕上げることで、現代的でシャープな雰囲気を高めている。

ルイヴィトンの現行モデル、チェーンウォレット/ポシェット「ポルトフォイユ・フロール」を買取させていただきました。

ルイヴィトンの現行モデル、チェーンウォレット/ポシェット「ポルトフォイユ・フロール」を買取させていただきました。

LouisVuittonスーパーコピー

内側にカードポケットやファスナーポケットがあり、マチも広いのでスマホや小物が十分入る、使いやすそうなモデルです。

品物の状態もよく、近年人気の小さ目なモデルということで、査定金額を頑張らせていただきました。

ありがとうございました。
ルイヴィトン ショルダーバッグ ポルトフォイユ フロール チェーン フューシャ M69578
送料無料
N品価格:15300円
詳細

https://www.rasupakopi.com/vuitton_z9.html

17.5 x 11.5 x 3.5 cm
(長さx高さx幅)
17.5 x 11.5 x 3.5cm(長さx高さx幅)
フクシアピンク
モノグラムキャンバスとカーフスキン
マイクロファイバーの裏地
ゴールドメタリック仕上げ
取り外し可能なチェーン
磁気閉鎖
大きなマチ付きコンパートメント
フロントにフラットポケット
ジッパー付き内ポケット
内側のフラットポケット
6枚のカードスロット
チェーン:取り外し可能
着用チェーン長さ:53.0cm

ブルガリXドゥカティコラボレーション モデルが登場「ブルガリ アルミニウム ドゥカティ 限定モデル」

ブルガリとドゥカティ。イタリアを代表する2つのブランドがタッグを組んだ新たなタイムピース。互いに共通する価値観である革新性の探求をインスピレーションの礎として、それぞれの領域において受け継がれてきた美的感性、創作力、技術力が見事に融合し、洗練されたコンテンポラリーなスタイルの世界限定モデルが誕生しました。
「ブルガリ アルミニウム ドゥカティ 限定モデル」は、アルミニウムやチタン、ラバーなどの最先端素材と、歴史に裏打ちされた高い技術により実現された、魅力的なデザインが目を引くタイムピースです。
ドゥカティの鮮やかな赤でカラーリングされたダイヤルに、クロノグラフカウンターと日付表示をセット。
さらにドゥカティ バイクのメーターを連想させる洗練されたフォントデザインのインデックスが、スポーティーな印象をいっそう高めています。
100m防水を備えたケースには毎時28,800振動の高精度を誇るBVL130機械式自動巻きムーブメントが搭載され、このコラボレーションにふさわしい高い機能性を誇ります。
スペシャルエディションにふさわしい、ドゥカティとブルガリのロゴが入ったアルミニウムXラバー製の専用ボックスでお届けします。
「ブルガリ アルミニウム ドゥカティ 限定モデル」
ハイエンドなジュエリーとウォッチのメゾンであるブルガリと、ハイエンドなバイクを展開するドゥカティ。
「ブルガリ アルミニウム ドゥカティ 限定モデル」は、2つのブランドの長い歴史の中で生まれた美学、技術力、創作性、そして誇りを持って未来へと進んでいく姿勢を具現化したスペシャルエディションです。
-誇り高きイタリアブランドが放つ気品と磨き上げられた技術
ボローニャの歴史あるブランド、ドゥカティのシグネチャーカラーである赤のダイヤルには、3つのブラックカウンターと4時と5時位置の間に日付表示がセットされています。夜光塗料を塗布したブラックのバーインデックスと10,11,12時位置にドゥカティのバイクメーターを思わせるナンバーインデックスを配置。
ケースはアルミニウム製、リューズとクロノグラフのプッシャーはチタン製。ラバー製のベゼルには、ブルガリ・ブルガリのダブルロゴがあしらわれ、アイコニックでデザイン性の高いしなやかなストラップがセットされています。
これらのすべてのデザイン要素が、時間、スピード、移動、パフォーマンスといった様々な挑戦にふさわしいタイムピースを構成しています。

https://jobhub.jp/co_workers/nuliba2014
さらにイタリアンブランドの気品とクラフツマンシップが、モダンかつネオレトロなデザインに未来へと進む活力に満ちたパワーを吹き込み、まさに未来という冒険に進んでいく人々のための究極の時計と呼ぶにふさわしいモデルです。
1926年創業のドゥカティは、1946年よりエンジンの生産をスタートし、高性能エンジン、独創的なデザイン、革新的な技術を特徴とするハイエンドなバイクを製造するようになりました。
ドゥカティのバイクには、洗練されたエンジニアリング、言わずと知れた高いデザイン性、そして何よりも素晴らしい情熱が表現されています。バイクとともに素晴らしい体験をしたいと願うすべてのモーターサイクリストのために、軽さ、テクノロジー、ハイパフォーマンスを実現し、イタリアンスタイルの真髄を体現するバイクラインを展開。最高水準の品質、飽くなき革新、ライダーの安全性への配慮は、ドゥカティ バイクの中核を成す要素です。
既成概念にとらわれないデザインで知られるブルガリが、この伝説的なブランドのエネルギーと輝きを共有することは、必然のめぐり合わせでした。ドゥカティの情熱的な気質と精神が、この高精度のウォッチに凝縮して込められているのです。
-エレガントに力強く進む姿勢
「ブルガリ アルミニウム」は、BVLGARI時計スーパーコピー2段階にわたって型破りなアプローチを続けてきました。
1998年にアルミニウムとラバーの大胆な組み合わせから生まれたヴィジョンは、快適性とスポーティーさを特徴とする、洗練されたデザインとグラフィカルなブラック&ホワイトの色づかいにより具現化されました。2020年からは自動巻き機械式ムーブメントが搭載され、上品さとダイナミックさをあわせ持つこの時計をさらに洗練されたものにしました。
機械式キャリバーBVL 130の振動数は4Hz、毎時28,800振動、1/10秒の精度を誇ります。
「ブルガリ アルミニウム」のさまざまな革新性は、従来の時計製造における厳格な制約からの脱却を意味する一方、快適性も重要な要素としています。スマートなイタリアンデザインが、モダンなスタイルを持つウォッチならではの装着感を生み出しました。前向きで力強く自信に満ちあふれたカリスマ性とタイムレスな魅力を放つタイムピースです。
ドゥカティのバイクと同様にブルガリの時計は、精巧な技術を確たるものとしながらイタリアンエレガンスをダイナミックに体現しています。「ブルガリ アルミニウム」は、引き継がれてきた歴史的、技術的ヘリテージと大胆なアプローチの融合を体現しています。
人生と未来を楽しむ人に向けた時計「ブルガリ アルミニウム ドゥカティ 限定モデル」。
緑豊かな渓谷やにぎやかな都会の街並みなど、行く先々を楽しみながら、人生の新しい道を切り拓いていく人々に強さを与え、賛美をささげるタイムピースです。