ウブロの新定番 ビッグ・バン インテグラル。

最新スペックを備えつつ、モダンでスポーティーな高級時計を探しているなら、ウブロの「ビッグ・バン インテグラル」がおすすめだ。クリエイションを詳しく知ることで、その価値を実感できるだろう。ビッグ・バン インテグラルの魅力と人気モデルを紹介する。

ウブロ コピー

 

ウブロの話題作「ビッグ・バン インテグラル」
2020年に誕生したビッグ・バン インテグラルは、完全に統合されたデザインを取り入れ、今や「ビッグ・バン」コレクションにおける新たなスタンダードモデルとなりつつある。まずは、このモデルの特徴とモデル名の由来を見ていこう。

https://watch-yoshida.co.jp/brands/mens/hublot

Hublotスーパーコピービッグ・バン誕生15周年を記念した銘品
2005年に誕生したウブロのビッグ・バンは、「The Art of Fusion(異なる素材やアイデアの融合)」をコンセプトに異素材を組み合わせて大きな成功を収めた。

ビッグ・バン誕生15周年を記念し、2020年に発表された時計が「ビッグ・バン インテグラル」である。ウブロのラインナップに新たに追加された待望のブレスレットモデルだ。

ケースはアイコニックな多重構造だが、ビッグ・バン インテグラルでは単一素材となっている。ただし、ベゼルラグとラバーで覆われたリュウズはこれまでと同じコンポジットレジンだ。

ネーミングの由来
ビッグ・バン インテグラル

ケース、ベゼル、ブレスレットに統一した素材を用いた「ビッグ・バン インテグラル」。ウブロの特徴であるベゼルラグとリュウズのみ、既存のコレクションと同様にコンポジットレジンを採用している。
「インテグラル(integral)」とは、「完成された、統合的な」という意味を持つ言葉である。

ビッグ・バン インテグラルは、ケースとブレスレットに一体感を持たせたデザインが大きな特徴だ。そのケースは従来のビッグ・バンの流用ではなく、ブレスレットに合わせて再設計されている。

単に新しいブレスレットをケースへ付けたわけではなく、すべてにおいて突き詰めた時計であるという意味を込めて、ウブロはこのモデルに「インテグラル」と名付けたのだ。

 

ビッグ・バンとインテグラルの違い
これまでのビッグ・バンとビッグ・バン インテグラルにはどのような違いがあるのだろうか。デザイン面における両者の相違点をチェックしておこう。

装着感に優れる一体化ブレスレット
ビッグ・バン インテグラル
ケースとブレスレットをシームレスにつないだだけではなく、ケースに施されたポリッシュ&サテンの表面仕上げや面取りをブレスレットにも用い、より統合(インテグレート)感を強めている。
ビッグ・バンが広く支持を集める理由のひとつに、異素材の融合が挙げられる。ゴールド製の高級時計にラバーストラップを組み合わせたクリエイションは、革新の象徴としてブランドの認知度を高める大きな要素となった。

一方、ビッグ・バン インテグラルではラバーストラップの代わりにブレスレットを採用し、デザインに統合感を持たせた。しかも、素材や設計を一から見直すことで、優れた装着感も実現している。

ウブロが得意とするインターチェンジャブルを採用しなかったのは、スポーツウォッチらしい頑強さを持たせたかったためであると考えられる。

エルメスの時計はメンズも魅力的。

ファッションに凝っているなら、時計はエルメスを選んでみるとよいだろう。独特のエレガンスを放つエルメスの時計を着ければ、手首にもさりげない存在感を与えられる。エルメスの時計に秘められた魅力や、コレクションごとの特徴を解説する。

エルメスコピー

時計ブランドとしてのエルメス
老舗メゾンとして世界的に知られるエルメスは、時計ブランドとしてはどのような歴史をたどってきたのだろうか。エルメスを象徴する馬車のマークに込められた意味と併せて確認しておこう。

腕時計製造の歴史
エミール・エルメス
©︎Roger Schall
3代目のエミール・エルメスは、馬具の製造で培ってきた皮革加工の高い技術力を活かしてバッグの製作をスタートさせるとともに、1928年には腕時計製造にも着手するなど事業を拡大した。
1837年に馬具工房として創業したエルメスは、1928年に腕時計製造を開始。その後しばらくはジャガー・ルクルトやユニバーサル・ジュネーブと共同で時計を作っている。

1978年には時計専門会社の「ラ・モントル・エルメス」をスイスに設立し、「アルソー」や「ケープコッド」といった傑作を生み出した。2003年には、名門ムーブメントメーカーのヴォーシェと提携を結んでいる。

高級品メーカーとして培ってきたノウハウをデザインに反映させながら、優秀な時計会社と組んで性能も重視してきた点が、エルメスの時計製造の歴史における特徴だ。

馬車のマークに込められたメッセージ
エルメス

©︎HERMÈS
四輪馬車と従者が描かれたエルメスを象徴するマーク。これは19世紀に活躍したフランス人画家アルフレッド・ド・ドルーの絵に着想を得てデザインされたもので、1945年に商標登録されている。
エルメスを象徴するマークには、自社のルーツにちなんだ四輪馬車と従者が描かれている。フランス人画家ドルーの絵にインスパイアされたデザインだ。

本来の四輪馬車には馬を操る主人が乗っているが、エルメスのマークには主人が見当たらない。「主人=お客様」と見立て、製品に命を吹き込むのはあくまでも購入者であることを語りかけているのである。

「エルメスは最高品質の製品を提供するが、実際に良品となるかどうかはあなた次第だ」というメッセージが込められている。

 

エルメスの時計が評価される理由
他の高級時計ブランドと同じく、エルメスの時計にも高品質をうたうだけの魅力が秘められている。特筆すべきふたつのポイントを見ていこう。

個性的で美しいデザイン
エルメスの時計が評価を集める理由のひとつに、個性的で上品なデザインが挙げられる。名門らしい、シンプルで洗練された表情が魅力だ。

多くの高級ブランドが機能美を追求する傾向がある一方で、エルメスはあくまでも良質なデザインにこだわっている。華美な装飾を抑え、上質な印象を醸し出している点も特徴である。

豊富なバリエーションから選べることも、エルメス時計の醍醐味といえるだろう。多彩な形状や素材、カラーを比較すれば、お気に入りの1本を探しやすい。

品質の高い革素材と優れた技術
革素材に強いこだわりを持つエルメスは、ストラップの革にも高品質なものを採用している。他のブランドには見られない色味と質感は、エルメスの時計における大きな魅力である。

エルメスの革製品は、すべてがフランス国内の工房やアトリエで生産されている。受け継がれてきた技術が、熟練した職人たちの手作業により製品に注ぎ込まれているのだ。

時計として優れた性能を備えている点も、特徴のひとつである。豊富な資金力を背景に名門と手を組んで生み出される時計の品質は、名だたる高級時計メーカーにも引けを取らないレベルだ。

 

エルメスを代表するコレクション
数あるエルメス時計のラインナップから、男性が着けられる人気コレクションを紹介する。それぞれの特徴や魅力をチェックしておこう。

参考記事:https://www.rasupakopi.com/hermes_z141.html

馬具の形から着想を得た「アルソー」
アルソー 78
©︎HERMÈS
特徴的なラグやインデックスといったアルソーのエレメントはそのままに、ベゼルにはマイクロブラスト仕上げのチタンを用いた「アルソー 78」。ストラップには柔らかく、革本来の風合いが楽しめるヴォー・バレニアが使われる。クォーツ。SS×Ti(直径40mm)。3気圧防水。
1978年に誕生した「アルソー」は、エルメスのメンズ時計を代表するコレクションのひとつである。現在もメゾンの専属デザイナーを務めるアンリ・ドリニーがデザインを手掛けている。

上下非対称なデザインが特徴的なラグは、馬具の「あぶみ」から着想を得たデザインである。フランス語で「アーチ」を意味するコレクション名は、ラグの片方がアーチ形になっていることから付けられている。

斜めにレタリングされたインデックスも個性的だ。馬がたてがみをなびかせながら疾走する様子が目に浮かぶようである。

2022年最新版。ロレックスの全モデルを年齢順に総まとめ!

男の品格を左右する重要な小物、それは腕時計。どのブランドのどんなデザインの腕時計を身につけるかで、その人の世界観や美意識、生き様が垣間見えてきます。

このロレックスのモデル名わかる?誕生年順に写真で総チェック!

ロレックス コピー 

一方女性は、男性の腕時計をどう捉えているか。内心、どのような腕時計を身につけて欲しいと考えているのか?「ロック福田の腕時計魂!」、「腕時計羅針盤」など腕時計コンテンツが大充実のFORZA STYLEが、大人の男の時計選びをアドバイスしていきます。

王道中の王道ROLEX。日本一、いや世界一知名度が高いロレックスですが、みなさんはロレックスのこと、ちゃんとご存知ですか?

なんとなくカッコイイから、資産価値が高いからと言って選ぶのはもったいない。なぜなら大人の男性にとっては身に着ける腕時計はご自身のステイタスとも直結します。

さてさて、前回の記事で誕生年順に1963年に誕生した「コスモグラフ デイトナ」までのモデルをおさらいしてきましたが、後編ではどんなモデルが登場するのでしょうか。

ではさっそくいきましょう!

【1967年~2012年】ロレックスのモデル名を誕生順に総おさらい
1967年:シードゥエラー

1971年:エクスプローラー2

1972年:オイスタークォーツ

1982年:GMTマスター2

1992年:ヨットマスター

1992年:パールマスター

2004年:ターノグラフ

2007年:ヨットマスター2

2008年:ディープシー

2012年:スカイドゥエラー

 

以上、前編・後編にわけてずらっとご覧いただきましたが、いかがでしたでしょうか。

意外とこんなモデルがあったなんて知らなかったという方もいらっしゃるかもしれません。

ロレックスは変わらぬ完成度の高いデザインと飽きのこないシンプルさで支持されています。ですので、皆さんの投稿して下さったお写真をこうして並べていくと、初代モデルでなくてもそのモデルの雰囲気がわかりますね。

そして新しいモデルが発表される度にどこがアップデートされたかを検証するのはロレックスファンの楽しみですね。

人気が高いプロフェッショナルモデルのほとんどは1950~60年代に誕生したものばかりで、実のところ60年以上も長きにわたって販売が続けられている超ロングセラーです。

しかも、その歴史の長さもさることながら、その基本デザインはほとんど変わっていないというのにはやはり驚きですよね。これからもロレックスの人気沸騰はまだまだ続くことでしょう。

電池寿命約16年! 長く愛せる〈カルティエ〉の1本とは?

1847年、パリにアトリエを創設したところからカルティエの歴史は始まりました。1904年、友人の飛行家サントス・デュモンのために三代目ルイ・カルティエが腕時計を製作しました。こちらが後の「サントス・ウォッチ」となり世界初の腕時計の誕生となったのです。戦車のキャタピラからヒントを得た「タンク」、防水時計「パシャ」等名作を多数リリース。常に画期的でハイクオリティな作品を製作し続けてきたカルティエ。

〈カルティエ〉史上初のソーラーウォッチ。ストラップには、スイス、ドイツ、イタリアで栽培されたリンゴの廃棄物など、非動物性素材を使用。ケースサイズ33.7×25.5㎜、クォーツ、SSケース、動物由来不使用のストラップ。

1917年の誕生以来、いつの時代も“タンク”はエレガンスと先進性を象徴してきた。1970年代に登場した“レ マスト ドゥ カルティエ”もそのひとつ。そしてこの“タンク マスト”では現代の最新技術を注ぎ、次世代に向けて進化を遂げた。新採用した“ソーラービート”ムーブメントは、文字盤での受光を電気エネルギーに変えて駆動し、電池寿命も約16年を誇る。消費されることのない優美なデザインに、ソフトパワーによる生命力が息づく。それもまた時代を超越した傑作にふさわしい。

どこにブランドコピー品を買いますか?→https://003brands.com/